カテゴリー
スキンケア

コロナによる肌荒れの簡単な対策

昨年からコロナの影響でマスク、アルコール消毒が必須になってしまいました。

ととのうみすとの効果はどう?私の口コミ体験談を本音の評価でお届けします!

コロナが流行り出した頃、マスクに関しては「メイク少しサボれてラッキー」くらいにしか思っていませんでした。しかし、今となってはマスクのせいかひどく肌が荒れてしまい、しかもなかなか治らないので早くマスク無しの生活に戻ることを祈るばかりです。

アルコール消毒もお店に寄るたびにしなくてはならないので、手がボロボロに荒れてしまいました。最近はお店においてあるものにジェルのアルコール消毒が増えてきたのでコロナ初期ほど荒れてはいませんが、やっぱりアルコール消毒をしなくても良い生活に戻りたいですね。

しかし、コロナはまだまだ収束しそうにありません。少なくとも今年いっぱいはマスクとアルコール消毒が必須なのではないかと思います。

マスクを使用する際は、汗をかいたり蒸れを感じたら拭き取ることで肌を清潔に保つことが大切です。

マスクの擦れによる肌荒れは、マスクが当たるところにワセリンを塗って保護すること、また素材をシルクなどの天然素材に変えることもお勧めです。

アルコール消毒や手洗いの後には必ずハンドクリームを塗りましょう。手洗いの後に塗る方は結構多いと思われますが、アルコール消毒の後にも毎回塗る方はあまりいないのではないでしょうか。また、アルコール消毒や手洗いによる潤いの流出を抑える働きのあるハンドクリームなどもあるようなので、いろいろ試してみるのもいいと思います。

アルコール消毒の中にも低刺激性のものがあるので、自分で作ったものを持ち歩きお店のアルコール消毒は使わないようにすることもお勧めです。