カテゴリー
白髪

女で良かったと思ったヘアライフ

元々剛毛の癖っ毛なのもあり寝癖は人一倍ひどく小さい頃からの悩みでした。一発では染まらない?ボタニカルエアカラーフォームを購入して使用した私の口コミ!

妹はサラサラの長毛なのに私はゴワゴワな癖っ毛だったので、一時は血のつながりさえ疑っていました。

幼稚園から小学校に上がるころにはいじめなどもあり…あだ名は『捨て子』でした。

高校に入ってから周りの女の子達の影響でメイクやヘアアイロン、縮毛などに興味を持ちましたがお小遣いで賄うには当時の私にはそれらは高級品のように感じてました。

両親にも悩みを伝えることはできず、お年玉で縮毛を初めてかけたときの感動は今でも覚えています。

今までの私にはなかったサラサラの髪質に癖一つない真っ直ぐな髪の毛…

欲しくて欲しくて止まなかったものをようやく得られた達成感は格別でした。

それから毎年、お年玉を貰ったら縮毛をかけることを続けていました。

高校を卒業して都内の専門学校に入ってからヘアカラーを知り、セルフでも出来ると教えてもらいました。

それからはプリンになる度にブリーチとヘアカラーの繰り返し気づけば髪の毛が千切れているとゆうことを友人に指摘されるまで気づきませんてました。

当時の私は明るければ明るいほどかわいいと思っていたので20分放置と記載があるにもかかわらず、30分、40分…気づけば1時間も放置してた事が原因だと思っています。

髪の毛も枝毛が増えちりちりに…ようしょうきの癖っ毛が戻ってしまうと日々悩み心底病みました。

そんな時に1番仲の良かった友達がエクステをつける練習をしたいと云われました。

エクステって美容院でしか出来ないのではと思っていた私にとっては出来ない事リストに入っていたので、それが出来るんだと知った時は本当に嬉しかったです。

学校の教室でエクステを一本一本付けてもらってみるみる印象が変わっていく様に友人には感謝が尽きなかったです。

あれから大人になり仕事をしてお給料を頂いてからもエクステとヘアカラーは私の一部になりました。

エクステも当時はケアの仕方も知らず傷ませてしまう事も多々ありましたがいまはしっかりケアをして素敵なヘアアレンジも出来るようになり素敵なヘアライフを送れています。髪は女の命。髪型一つカラー一つアレンジしても女の人の気持ちを上げてくれる。

幼少期派癖っ毛に悩まされました、大人になってからも時間も労力もお金もかかります。ですが、どれも手放せない生活の一部に出来る女に生まれて良かったと今では思っています。