カテゴリー
スキンケア

顔のシミVS紫外線曝露

いくら日焼け止めを毎日使っても、化粧下地・ファンデーションにSPF・PAを使っても、紫外線曝露を完全に避けることはできないので、メラニン合成はしてしまいます。顔に塗布するタイプのハイドロキノンやレチノイン製剤を毎日きっちり使えば、メラニン合成を抑えることはできますが、紫外線曝露を完全に避けることはできないので、効果は緩やかになってしまいます。

悪評が多い?ヴィオテラスCセラムの効果と口コミを徹底検証!

ビタミンCなどの抗酸化作用を有するサプリメントを摂ったり、食事で摂ったとしても、体の中からシミを防ぐのは大切と言っても、経口投与ではその効果はほんの僅かです。また、加齢とともに代謝が下がり、肌のターンオーバーが遅くなっていくので、よけいシミが残りやすくなっていきます。

結局は、紫外線曝露を防ぐことが最も大切です。面倒であっても、晴れの日はもちろん、曇りの日でも、外出する際は、紫外線吸収をことができる日焼け止め・化粧下地・ファンデーションを使い、つばのある帽子をかぶり、日傘をさすことが大切です。不審者のような見た目になっても、シミを残さないようにするにはこれが不可欠です。日本は日傘をさす習慣のある国なのでいいですが、アメリカなど雨でも傘をささない国では日傘をさすと本当に不審者ですが、シミを作らないためにはまず紫外線を避けることが大切です。