カテゴリー
ダイエット

友達と喫茶店でダイエットの話

 寒暖の差が激しい時期も過ぎ、日中の時間も肌寒くなっていよいよ冬本番といったところ。体重を減らすためにも外に出てランニングといきたいところですが、厚着をしていてもどうしても億劫になってしまいます。ある時、友達と喫茶店でダイエットの話となり、寒いから外に出て走るの嫌だなあと私がぼやいておりますと、冬だから走らなくていいとその友達が言うです。

http://www.trzeciafala.com/

 理由を聞くと、夏は熱を高める必要もないので意外と基礎代謝が低く、冬の方が体温を維持するために熱をつくりだすためにエネルギーをたくさん使うので、夏よりも冬の方が基礎代謝は高いというのです。

冬の基礎代謝が高いということは、脂肪が燃焼しやすい。つまりはダイエットをしやすい状態だということ。たしかに寒空の下、歩いて帰路に着くと、もうそれだけでぐったりとしてしまう経験を何度かしたように思います。思い返して見ると、あれでかなりエネルギーを消費していたんですね。たしかにこの疲労度だと、寒いのに無理して走らなくても自然の環境でダイエットをさせてくれるようだろうと、思えるようになりました。

 現在、夏場よりランニングは控えがちですが、無理をしなくなって義務感が薄れた分、億劫でもなくなくなって、実施する時の集中度が増したように感じます。冬が過ぎた時、体重がどう変化しているか、今から楽しみです。無理を継続するより、細く長くでいきたいです。